ABOUT USアーチェリー専門部について

MESSAGE部長挨拶

新型コロナウィルスのパンデミックにおいて、感染になられた多くの方々とご家族の皆様にお見舞い申し上げますとともに、感染拡大により影響を受けられた皆様方に心よりお見舞い申し上げます。

国内の多くの方々が日々直面されています苦難を思いますと、慰めの言葉もありません。医療・科学技術が進歩した現代においても、感染症の猛威の前に人間は微力であることを改めて感じています。罹患された皆様方の完全回復とワクチン接種による感染防止がなされ、早期に治療薬の開発がなされることをお祈り申し上げます。

また、感染拡大の影響で、令和2年の全国高等学校アーチェリー選抜大会兼JOCジュニアオリンピックカップと全国高等学校総合体育大会アーチェリー競技大会高円宮賜牌第53回全国高等学校アーチェリー選手権大会は、開催中止とさせていただきました。大会に向けて日々の練習に励んだ選手諸君や、ご尽力いただいた全国各都道府県アーチェリー専門部の皆様方、特に三重県関係者の方々には、大変申し訳ありませんでした。三年間という短い高校生活における数少ない全国大会への出場を楽しみにしていたであろう生徒諸君の落胆はいかばかりかと察しますが、練習に励み、次の大会に向けて精進して欲しいと願います。

アーチェリー競技は、生涯に渡り競技出来るスポーツです。パンデミックの影響で、高校生としての競技を未消化のまま卒業した皆さんやこれから卒業を迎える皆さんには、人生の次のステップにおいてもアーチェリーを続けていただけますようお願いします。

最後に、専門部加盟校において、誤射による事故が相変わらず発生しております。全国高体連アーチェリー専門部を預かる者として、責任を痛感しております。部活動において、競技会において、安全対策に慣れはないことを日々確認し、常に真っ先に安全対策を実施して欲しいと思います。アーチェリーという素晴らしい競技を、安心して行うために、皆様のご協力をお願い申し上げます。

公益財団法人全国高等学校体育連盟アーチェリー専門部 専門部長下屋 浩実